孫兵衛の一日

ようこそ!!こちらは秋田県仙北市田沢湖にあるぺんしょん孫兵衛です。ごゆっくりご覧ください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

丸木舟進水式

田沢湖畔大沢たつこ茶屋で行われました。
進水式1563
準備風景
進水式1564
丸太を切り出してから約3年ほどかかったそうです。
進水式1565
たつこ茶屋
進水式1566
田沢湖に生命を育む会主催
進水式1567
ここの小屋でせっせと丸太を削ったのでしょうね。
進水式1577
門脇市長をはじめ杉山先生、西木正明氏等来賓が勢ぞろいのなかの神事。
進水式1579
いざ田沢湖へ
進水式1591
昔ながらの仕掛けで漁をしています。
進水式1590
丸太舟の前でみんなで集合写真。
スポンサーサイト

別窓 | お出かけ | コメント:1 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<☆部落花植え☆ | 孫兵衛の一日 | シシリアンルージュの植え付け>>

この記事のコメント

田沢湖に生命を育む会のHPでも丸木舟の取り組みが掲載してありました。
3年もかかる製作作業に敬意を表します。

ところで田沢湖に生命を育む会のHPは現在は運用されていないのでしょうか?
先日、メールを送ったら、届かないようでした。
こちらの管理人さんで情報がおわかりでしたら、お知らせ下さい。

さて、丸木舟で、刺し網漁をして、ウグイが取れたとの記事が、仙北市長の個人HPに出ていました。
ご承知でしょうが、下北の恐山湖(宇曽利湖)では、強酸性の環境下でウグイが適応しているとのこと。10年ほど前に現地を尋ねて独特の景観を見たことがあります。湖の環境を同列に比較出来ませんが、酸性水の流入を止める手立てが出来ないとすると、その条件下での環境再生はどのように可能であるか、研究する必要があります。
個人的には、今日的社会状況下においては、発電や利水に関する状況が変化しており、流路を元に戻して、田沢湖への毒水の流入を止めるべきと考えます。
将来的な構想をどう持つかで、おそらく対応は異なるでしょうが、観光資源を重視して観光立県なるテーゼを打ち出している秋田県のスタンスを踏まえれば、田沢湖の資源価値を高めるには上のことは不可欠と考えます。
湖岸の崩落や水質問題は湖の周辺環境に大きな影響を与えており、景観を損ねている訳ですから。湖に隣接している自然環境に恵まれているとはいえ、湖の観光の上での重要性はもっと顧慮されるべきでしょう。山と湖に囲まれ、温泉地を数多く持つ立地条件の中心をどこに置き、通年の観光地として、四季を通じて滞在型リゾートを展望するには、大変大きな課題です。
たとえば、他の湖を含む観光地と比較した時の優劣の差をもっと自覚する必要があります。

以上のような趣旨を田沢湖に生命を育む会へメールしたのでしたが、届きませんでした。

このHPも会と活動とリンクしているようですから、失礼を顧みず縷々綴りました。
個人的には、田沢湖でのカヌーイングを試みたいと思っていますので、湖面の将来に関心をもっていることを申し述べて、終わります。

末尾ではありますが、ご活躍に敬意を表します。ごきげんよう。


在秋田市
2010-09-06 Mon 10:00 | URL | 北の暇人もどき #-[ 内容変更] | top↑
∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 孫兵衛の一日 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。